大阪桐蔭 高等学校

メッセージ

校長 今田 悟
共に挑もう。成長のステージで。

 今、社会は変革のときを迎えています。AIやロボット技術の革新によってその活躍のフィールドはますます広がり、国境や言葉の壁も、通信技術を活用することで容易に越えられる時代となりました。変わりゆく未来への期待と不安の中、これからの時代を歩む皆さんにとって、この3年間の学びや経験は大きな意味を持つと言えるでしょう。「3年後、何を目指すのか。」大阪桐蔭の門をくぐる皆さんにはぜひ、高い目標を見つけてほしいと思います。その目標が高ければ高いほど、ここで過ごす時間はきっと充実したものになるはずです。大阪桐蔭は、学習でも、スポーツでも、芸術でも、「自分はこうなりたい!」という希望を実現するための成長のきっかけを提供する場でありたいと考えています。目指す進路に合わせて設定された3つのコースもその一つです。進学を見据えた学習面の指導はもちろん、英語四技能の習得を図る英語教育や、何十もある講座の中から選択して参加するプロジェクトワークなど、多彩な学びを通して、徳育・知育・体育をバランス良く育む教育環境を整えています。
 その成果のあらわれとして、本校の多くの生徒たちが、難関国公立大学へ進学し、スポーツや芸術の分野においても、全国レベルですぐれた成績を残しています。輝かしい実績ばかりに注目が集まりがちですが、それは決して一部の生徒に限ったことではありません。高い目標を掲げ、日々の積み重ねを大切にしながら、それぞれに確かな成果を挙げている先輩たちの姿は、きっと皆さんにとって大いに刺激になるでしょう。「偉大なる平凡人たれ」という本校の建学の精神にもある通り、地道な努力の先にこそ、目指す目標の実現があることを自然に学びながら成長していくのです。一番大切なことは、高い目標に自らを導くまでのプロセスにあります。「どうすれば目標を達成できるのか。」その問いと実践の繰り返しが、たくましく生きる知恵となって、やがてはその先の長い人生を豊かにする力となることでしょう。
 3年間という学校生活の中では、壁にぶつかり、目標を見失いそうになることもあるかもしれません。そんなときは、信頼という絆でつながる本校の教員が、皆さんの心の支えとなり、道しるべとなって導いていきます。昔も今も、私たちが追い求めることに変わりはありません。すべての生徒が、迷うことなく目標へと突き進めるより良い環境をつくるために、本校も挑戦を続けています。挑戦する者、誇りある者が集うこの大阪桐蔭で、共に成長への道を歩んでいきましょう。

校長 今田 悟
高等学校について